牛乳石鹸の赤箱と青箱の違いは?洗顔に使うならどっち

買い物・雑記

牛のマークでお馴染みの牛乳石鹸ですが、店頭で見かけるのは青い箱です。

赤い箱もあるらしいけど売ってない。

地域によっては逆の所もあるとのこと。

 

では牛乳石鹸の赤箱と青箱ってどう違うのでしょうか?

 

そしてどうやら赤い牛乳石鹸が肌に良いらしいというので、調べてみました。

スポンサーリンク

牛乳石鹸 赤い箱の特徴

青よりもしっとりするのが赤箱の特徴

 

牛乳石鹸にはミルクバターと呼ばれる、牛乳からできる油脂が含まれています。

ミルクバターには肌を保護して、石鹸の肌あたりを柔らかくする効果があります。

 

赤箱にはこのミルクバターが、青箱よりも多く配合されているのです。

 

さらにスクワラン(うるおい成分)も配合。

 

「豊かでクリーミィ、しっとりした泡立ち」とのこと。

 

泡立ちがとても細かいので、皮脂の吸着に優れているという特徴もあります。

 

香りはローズ調のかおり。お値段は青よりちょっと高め。

ただ、1個100円前後なので十分プチプラですね。

スポンサーリンク

牛乳石鹸 青い箱の特徴

青箱の特徴はさっぱりした使用感

 

赤箱と同じくミルクバターが配合されていますが、スクワランは入っていません。

 

泡は「豊かでソフトな泡立ち」

クリーミィ・しっとりという単語がなく、「ソフト」という表現になっています。

 

ジャスミン調のさわやかな香りですね。

洗顔用というよりは、汚れ落ち重視で手洗いや体を洗うのに向いています。

スポンサーリンク

赤箱はなぜ売っていないのか?

牛乳石鹸は、1928年に大阪で生まれました。

当時は赤箱のみの販売

 

この後、青箱が発売されました。

そのさっぱりした洗い上りが評判になり、青箱が関東地方で人気になったのです。

そのため、現在も関西では赤箱が、関東では青箱が店頭に多く並んでいるという現状のようですね。

※公式ページより

スポンサーリンク

牛乳石鹸の成分と他の洗顔剤との違い

赤箱と青箱、比べてみると赤の方が保湿にすぐれていて洗顔にも向いています。

 

赤箱の成分は非常にシンプルで

石ケン素地、香料、乳脂(牛乳)、スクワラン、ステアリン酸、水、酸化チタン、エデト酸塩

のみ。

 

市販の有名洗顔フォームを見てみると、

ヒドロキシエチルウレア、ナイアシンアミド、ステアリン酸、グリセリン水溶液、ジステアリン酸PEG-150

など色々な合成の成分が入っていることがわかります。

 

人の肌はとてもデリケートなので、洗浄成分が強すぎたり、科学的な合成成分が合わなかったりすると肌荒れを起こすことも。

もし洗顔剤が肌に合わないと感じたら、シンプルな成分で出来た牛乳石鹸の赤箱を使ってみるのも良いかもしれません。