ファンタビ初日舞台挨拶|ジョニーは来ないの?サプライズは・・??

ファンタビシリーズの第二作「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」がいよいよ全国ロードショーです。

出演者たちによる舞台挨拶も決定していますね。

ところでちょっと疑問が・・

 

タイトルにもある「黒い魔法使い」役のジョニー・デップは今回は来日はしないのでしょうか?

プロモーションには協力的ではないの?そういえば、出演に関しては色々物議もありましたね。

 

そこで今回は、ジョニー・デップとファンタビ、マッチかミスマッチか?そして電撃来日の可能性は?についてお伝えします。

スポンサーリンク

ジョニー「ファンタビ」出演への批判もあった

ファンタスティックビーストの第一作が公開され、悪役としてジョニーが登場したことに驚いた方も多いと思います。

ファンタビやハリポタのように、世界観が確立されたファンタジー物に登場するにはちょっとアクが強すぎる俳優さんなのでは?という意見も。

ジョニー・デップといえば、テンションの高いキワモノのような役が多いのでそのような印象を持つのもわかりますよね。

※でも実は静かな演技も素敵なのですが・・

ただし1作目を見る限りでは雰囲気に溶け込んでいるように思えました。

なにしろ、原作を手掛けたJ・K・ローリングのイチオシでキャスティングされたジョニー。

今後のシリーズ展開が楽しみになる登場だったのですが・・

 

1作目公開の翌年、事件が起こります。

パートナーだった女優のアンバー・ハードとの泥沼離婚騒動が勃発したのです。

その際、ジョニーに対してはアル中疑惑やDV疑惑がかけられイメージは最悪に。

 

結果、ファンタビやハリーポッターシリーズの一部のファンから、このような人物の出演はふさわしくないと言った反対の声があがってしまったのです

その後、J・K・ローリングからジョニーに対する擁護のコメントが出されて沈静化したかと思えば、別の暴行疑惑が浮上。心配の種はつきません。

スポンサーリンク

ジョニーのプロモーション活動は?

今回の出演作の宣伝活動に、ジョニーが全く参加していないかというと・・

そんなことはありません。

2018年7月21日アメリカで行われたポップカルチャーの祭典「コミコン・インターナショナル」では映画のキャラクター「グリンデルバルド」として出演。

会場を大いに沸かせました。

その後、11月14日のイギリスロンドンプレミアにも登場。

共演のジュードロウとこんなショットも。

ジュードとはこの時初対面?との話

バンドの活動も活発なジョニー。

11月15日には、ロンドンのジャズクラブにミュージシャンとして出演しました。

今回の日本でのプロモーションに姿が見えないのは、スケジュールの都合でしょうか。

 

舞台挨拶にサプライズの可能性はあるのでしょうか・・・??

スポンサーリンク

まとめ

ジョニーは実は来年の1月から、映画の撮影で日本に来日する予定。

水俣病を世界に訴えた写真家「ユージンスミス」の生涯を演じる映画の撮影のためです。

つい先日もシークレットライブのために来日したばかりなんですよね。

 

なぜに今回の日本来日は見送りにしたのでしょうか。

 

ファンタスティックビーストシリーズは全5作。

ジョニーは第3作への出演も明言しています。

今回の「黒い魔法使いの誕生」は次回作の布石ともいえるので当然と言えば当然ですが、無事に次回作にも出演して欲しいものです。

来年から撮影に入るとのことなので、公開は2年後くらい?

気が早いけど次回の来日を楽しみに待ちたいと思います。