エタノールでお家のカビ対策|消毒用エタノールの効果的な使い方

お掃除スプレー 家まわりの悩み

いやなカビの季節。
カビの生えてしまった場所を綺麗に元通りにするのは一苦労ですね。

そして、場所によってはまた同じようにカビの温床となってしまうことも。

そんな時に便利なのが「エタノール」です。
名前は聞いたことがあるけど・・何だろう?

エタノールとはアルコールの一種で、消毒や食用、燃料など広く利用されている薬品です。水と混ざりやすく、揮発性が高いのが特徴です。

そこで今回は「エタノール」を使った、家庭で簡単にできるなカビ対策についてお伝えします。

スポンサーリンク

エタノールで簡単カビ対策

エタノールは無水エタノール消毒用エタノールがあります。

違いは何かというと、濃度です。

無水エタノールの方が濃度が高いです。ということは、無水エタノールの方が効果が高いのか?と思いますね。

ところが濃度が濃いため揮発性も高いので、無水エタノールはあっと言う間に蒸発してしまいます。

エタノールで消毒をする際に効果的な濃度は70~80%なので、消毒用エタノールを使いましょう

スプレーの容器に入って販売されているものもありますよ。

スプレー式のほうがちょっと高いです。

エタノールが効果的な場所①お風呂場

お風呂場で、お掃除後の除菌にエタノールをひと吹き。

アルコールを入れても大丈夫なスプレーが100均にありますので、移し替えて使います。

※素材がPS(ポリスチレン)の物は使えないので、注意して下さい。

 

エタノールスプレーは、カビの予防に効果的です。エタノールにはニオイもないのでふき取りがいらずでラクラクですね。

エタノールはカビを殺菌して死滅させることはできるけど、掃除にはむかないので、いったんしっかりとお掃除しておいてから、エタノールで消毒しましょう。

エタノールが効果的な場所②服

黒い服(喪服)に部分的に白いカビが発生してしまったのですが、エタノールをコットンに含ませたものでトントンたたいて、ふき取りをしました。

しばらく陰干しをしておいた所、再び白くなることもなく無事でした!

エタノールが効果的な場所③布小物を夜干し

クッションや、ぬいぐるみなど丸洗いできない布物にスプレーして、一晩干しておくとスッキリしますよ。

この場合はあまり濃い濃度ではなくてもよいので、消毒用エタノールをさらに少し薄めてスプレーします。エタノール:水が 8 : 2 くらい。

リセッシュなどにもエタノールが入っているので、リセッシュでも同じ使い方ができますね。

香料が気になる人は、無香料のエタノールスプレーを作っておくのがオススメです。

スポンサーリンク

まとめ

消毒用エタノールは1本買っておくと色々に使えるので便利です。

今回ご紹介した使い方以外にも、ハーブの抽出液をブレンドして虫除けにしたりもできるようなので、作ってみたら追記しますね。

火気厳禁の薬品なので、火の近くで使わないようにお気を付けください。