「エタノール」と「エタノールIP」の違いとは!?アルコールの種類と酒税

芝生とコップ困りごと

アルコール度数が1度以上の飲み物は、「お酒」ということで酒税法の対象となり「税金」がかかっています。

消毒用に使うアルコールの「消毒用エタノール」も、飲料ではないけど酒税がかかっているとか?

ただ、酒税がかかってない「消毒用エタノール」もあります。

この消毒用アルコール、

  • 酒税がかかる商品
  • 酒税がかからない商品

について調べてみました。

スポンサーリンク

酒税のかからない発酵アルコール「消毒用エタノール」

「アルコール」には、

  • 発酵アルコール
  • 合成アルコール

があり、飲料用のアルコールや消毒用エタノールは「発酵アルコール」。

サトウキビやトウモロコシなどを原料として作られます。

発酵アルコールについて

「酒精」「エタノール」「エチルアルコール」など呼び名は色々ありますが、成分は同じです。

>>参考:日本アルコール産業株式会社

この発酵アルコールの中で、飲料でないアルコール製品には酒税がかかりません。

なので、飲み物用のアルコール製品よりは割安になっています。

酒税がかからず安い「消毒用エタノールIP」には、「イソプロパノール」という添加物が含まれているので「飲用」には適しません。

>>健栄製薬

合成アルコールについて

天然ガスなどを原料とした合成アルコールは「メチルアルコール」とと呼ばれ、工業や燃料用として使用します。

劇物扱いになっていて、もちろん飲めないので酒税もかかりません。

メチルアルコールの入った「燃料用アルコール」を消毒用エタノールの代わりにするのは、有害な成分も入っていて危険です。

スポンサーリンク

酒税の対象になる「消毒用エタノール」

「イソプロパノール」が入っていない「消毒用アルコール」には酒税がかかっています。

どうやら昔はこのエタノールを飲んでた人がいたらしいのです。

でも昔のエタノールには、劇薬の「メチルアルコール」が入っていることもあり、健康被害を起こすことも

今作られている「消毒用アルコール」は、純度が高いアルコールですが・・

「イソプロパノール」以外の添加物が入っているので体によくない・おいしくないという話です。

ちなみに「消毒用エタノール」よりも純度の高い「無水エタノール」は、エタノールにベンゼンを混ぜて蒸留して濃度を上げているので飲めません。

スポンサーリンク

消毒用ではないけど、消毒にちょうどいいアルコール

今って消毒用アルコールが全く足りない状態ですよね。

なので酒造メーカーが「飲用しても問題ない」上に「消毒にもちょうどいい濃度」のアルコールを続々と生産しています。


アルコール度数が強すぎでそのまま飲んでも美味しくはありませんが、消毒にも使えて便利な商品ですね。

>>明利(メイリ)の65は消毒薬の代わりになる!?アルコール濃度の謎

スポンサーリンク

まとめ

酒税がかかる「消毒用エタノール」と酒税がかからない物の違いは、値段だけでなく含まれる「添加物」の違いでもあります。

消毒用にスプレーして使うなら、できれば「添加物」の入っていない商品の方がいいかも。

特に、手指の消毒などに使ったりする場合は「添加物なし」の消毒用アルコール商品を使うのが安心ですね。

タイトルとURLをコピーしました