カインズの電気ケトルtricotは安い!|おしゃれな電気ポットの特徴まとめ

比較買い物・雑記

お湯を沸かすときに便利な電気ケトル。

ガスが止まってしまった時にも、お湯をさえあれば温かい物が食べられるので、災害時用にも一台は欲しいですね。

そんな電気ケトルの選び方ですが、安い物から高価なものまで色々あり迷ってしまいます。

そこで当記事では、

  • お湯が早く沸く
  • 空焚き防止装置があること
  • デザイン

の3つのポイントから、オススメの電気ケトルについてお伝えします。

スポンサーリンク

コスパ最強!カインズホームtricot amadanaの電気ケトル

ホームセンターのカインズホームオリジナルtricot amadanaシリーズの電気ケトルはシンプルなデザインが素敵です。

注ぎ口が細いのもいいですね。

実はこのtricot amadanaというシリーズは、デザイン家電のamadana とカインズホームのコラボ商品なのです。

ホームセンターのオリジナル商品ということで、デザイン性が高いのに価格は2,980円と低価格。

カインズケトル

画像引用:カインズオンラインショップ

※2018年当時のオンラインショップより。現在の取り扱いは不明。

容量は1リットルで、白、黒、シルバーの3色展開です。

実物を見たら、白も黒もマットな質感でいい感じでした。

カインズamadana

画像引用:カインズオンラインショップ

シルバーもつや消しなので、ギラギラしておらずにほどよくマットでいい感じ。

 

ただ消費電力が900Wとやや弱いので、カップ1杯分のお湯を沸かすのに約90秒と少々時間多かかります。

※ティファールの消費電力は1250W

 

中身はこんな感じです。シンプルで洗いやすそう。

右側の棒?に注水線(MAXの位置)が記されています。

 

はめこみ式のフタなので、片手での開け閉めは無理そう。

少しはめ合わせに個体差があるかもしれません。

コードが75㎝なので、やや短めですね。

このケトルは大人気で、4月くらいには欠品している事が多くなっています。

追記:2020年現在はオンラインショップでの取り扱いが確認できまいので、販売していないのかもしれません。在庫のある店舗か、メルカリなど中古や新古品なら手に入りそうです。

スポンサーリンク

おしゃれの代名詞 バルミューダの電気ケトル

おしゃれケトルで有名なバルミューダ。
東京都の武蔵野市に本社を置くデザイン家電のメーカーです。
2020年に上場したことでも話題になりました。

バルミューダの製品はこだわりのデザインが特徴。

電気ポットのカラーは白と黒があります。

細い注ぎ口とマットな質感がいいですね。

600ミリリットルと少し小ぶりなサイズなので、コンパクトなケトルを探している人にぴったりですね。

 

View this post on Instagram

 

aiko☺︎さん(@ai_9__home)がシェアした投稿

オープンな棚に置いても、生活感ナシ。
まるでオブジェのような佇まいです。

ただし、このバルミューダはお値段がちょっと高め。

12,000円前後で販売されています。

お湯を沸かしている間は、持ち手の先の電源ランプがほんのりと光るようになっています。

 

白色のケトルもありますが、白はコードだけがなぜか黒いという口コミがありました。
現在の仕様はわかりませんが、気になる場合は確認した方がいいですね。

 

バルミューダはケトルだけでなく、炊飯器や加湿器もかなり素敵です。

おしゃれで実用的なので、結婚祝いや引っ越し祝いなどのギフトにもよさそう。

スポンサーリンク

サイズ色々 ラッセルホブスの電気ケトル

バルミューダに並んで、お洒落なポットとして人気のラッセルホブス。


こちらは0.8リットル。

 

他に1リットル、1.2リットルとサイズのバリエーションが豊富です。

カップ1杯分のお湯が約60秒で沸きます。

 

ぽってりとしていて、どことなくユーモラスなデザインが素敵ですね。

こちらはシルバーの1リットル。

 

黒もシルバーも内側はステンレスなので、比較的お湯は冷めにくいようです。

 

コーヒードリップしやすい、細い注ぎ口になっています。

ドリップする時ってゆっくりとお湯を注ぐので、ポットが重くて手が辛くなることはありませんか?

このラッセルホブスは、重いケトルを両手で支えられるように、ケトルの底面にさりげなく取っ手がついています。

デザイン性と、使いやすさも兼ね備えたケトルということで、グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞した商品なのです。

 

お値段はサイズによって異なります。

スポンサーリンク

実用性なら ティファールの電気ケトル

最後は、電気ケトルの定番ティファールです。

ティファールの「ジャスティン プラス」(1.2L)

白の他にカカオブラック(黒)も有り。

 

ティファールの電気ケトルは公式ページだと現在9種類もあるんですね。

どれにするか迷うけど、機能がシンプルなタイプで容量が大きいのが「ジャスティンプラス」になります。

カップ1杯分のお湯を沸かすのに約60秒と抜群に早いです。

 

ふたを開けなくても、広い注ぎ口からお水を入れることができて便利。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上電気ケトル選びでしたが、

  • 小ぶりでとにかくお洒落 → バルミューダ
  • デザイン性・価格のバランスのよさ → ラッセルホブス
  • デザイン性とコスパ → カインズ(但し品薄)
  • 実用性 → ティファール

我が家は実用性重視でティファールを使っていますが、次に買うならラッセルホブスかな。
見た目で台所仕事のモチベーションもあがりそうです。

食洗器が思ったより使えない?入れにくい食器の形に要注意
家事の時間短縮に便利な食器洗い洗浄機。 導入してみたのはいいけど、いまいち使いニクイという話も・・。 その原因のひとつは、使っている食器の形状なのです。 というのも、実は食洗器に入れる食器には、入れにくい形やしっかり乾燥ま・・・→つづきへ
タイトルとURLをコピーしました