固いお肉を絶品すき焼きにするフルーツは「キウイ」だった

食べ物関連

テレビ「所さんの目がテン」で見かけた、外国産牛肉をキウイを使って柔らかくする方法をやってみました。

効果絶大です!

スポンサーリンク

外国産牛肉とキウイで柔らかすき焼き

お肉を柔らかくするために使用するのはキウイのみなので、簡単です。

キウイに入っている成分が、お肉の繊維を分解するのです。

漬け込みすぎると肉がボロボロになるので要注意。

キウイに漬けた牛肉ですき焼きを作ってみた

やり方は、キウイをスライスして、肉をはさむだけ!

漬け時間は1時間

キウイに漬け込んだ牛肉ですが、よく見るとキウイの乗っていたところがすこし溶けたようになっていました。キウイをすりおろして揉みこんだりすると、先述どおりボロボロになってしまうので、スライスして挟むのがポイントです。

 

すき焼きの割り下と焼き加減もポイント

すき焼きの割り下には、赤ワインを入れるのがポイントです。

赤ワインみりんしょうゆ

1 : 2 : 2

の割合で混ぜて煮立たせるだけ。この割り下がとっても美味しかった。フルーティーなのでキウイ牛肉とよくあいますよ。

割り下を煮立てたら、牛肉を入れて30秒くらい火をとおして頂きます。火を通しすぎると固くなってしまいます。

食べた時の舌触りがなめらかで、とても柔らく感じました!

 

番組では漬けていたキウイを潰して割り下に入れていました。

やってみましたが、私は入れない方がよかったかな。

キウイの種のツブツブが豆腐にくっついて見た目よくなかったです。歯にもはさまるし…

勿体ない気もするけど漬けたキウイは捨てるしかなさそう。

固くて食べるには酸っぱすぎたり、小さいキウイがあったら又やってみようと思います。

最後までお読み下さりありがとうございました。