やまと阿波踊り情報2018|混雑具合は?子どもと一緒に楽しむ方法

大和阿波踊り開催前 お出かけ情報[関東]

阿波踊りは徳島発祥の盆踊りですが、神奈川県でも盛んなのです。

なかでも大和の阿波踊りは、今年で42回目、2日間で延べ60連、約2,000人もの踊り手さんが参加する歴史あるビッグイベントです。

ぜひとも見に行きたいのですが夕方から夜にかけての開催時間、人混み、トイレ・・

小さい子供を連れて見に行くハードルは高いのですね。

ただ、年に一度のお祭りなので子育てママも楽しみたい・・

ということで、今回は子連れで大和阿波踊りを楽しむ方法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

大和阿波踊り2018

2018年の大会の概要です

日程:2018年7月28日・29日
場所:小田急江ノ島線・相鉄線 大和駅近辺。 ※駐車場はありません
阿波踊りは商店街の道路で行うのため、会場近くの道路は一部通行止めになります。
例年16:00~20:50まで交通規制が行われるので、ご注意下さい。
時間:16:30~20:30

終わりの時間が近づくと、前後の連でいっしょになって盛り上がって踊ったりもして、最後まで燃え尽きる感じも楽しいものです。

天候によっては中止の場合も

大雨によって時間の変更や、中止の場合などもあります。

例年は小雨程度なら決行していましたが、2018年は残念ながら、28(土)の阿波踊りは台風接近の為中止となりました。

前日の14:00には中止のアナウンスがあったので早めの決断ですね。

 

翌日曜には天気が回復して無事開催、人出もかなりのものでした。

 


ツイッターで随時アナウンスしてくれるので、開催前になったらチェックしておくのもオススメです。

阿波踊りの順路

大和駅を中心に、新橋通り・みずき通りなどの商店街を阿波踊りの踊り手さんが練り歩きます。

連は、それぞれ別のスタート地点から出発して全体を周ります。

なので観客は動き回らなくとも、ほとんどのチームの踊りを見ることができます。

阿波踊り

子連れで阿波踊り|どこで見る?

大和駅に近い通りほど混雑しています。

駅から少し離れた場所にいれば、お子さん連れでも見ることは可能です。

ただ、場所を移動する際の通路が本当に狭いので、ベビーカーでの移動はなかなか大変となっています。

ただ、裏通りなどを使えば移動は可能です。

大和阿波踊り

※クリックで拡大します

赤いラインが、阿波踊りのコースになっています。

 

地図の下半分のあたり(駅周辺の商店街)は道幅が狭いうえに飲食店が多くかなりの混雑です。

 

お子さん連れの場合は、駅からは少し離れますが、地図の上のあたりまでいくと、比較的空いているのでオススメです。

ただし通路が狭いので移動も大変ですね。

大会が始まってから移動する場合は、赤い踊りのコース以外を通って移動する方がスムーズかもしれません。

ただし、交通規制はなく車通りもあるので十分注意が必要です。

大和阿波踊り|会場にトイレは?

仮設のトイレなどはなかったと思います。

コンビニやお店などで借りることもできますが、待ち時間も考えて、お子さんは早めにトイレタイムにしましょう。

駅ビルのトイレで先に済ませておくのが安心かもしれません。

B1と4階は男女ともトイレ有り

2階は女子トイレのみ・3階は男子トイレのみ

になっています。

阿波踊りがやってみたい!

だれでも参加できる、「にわか連」というグループも毎年出場しますので、飛び入り参加してみるのも楽しいですね!

※集合場所の発表がありましたら追加します

 

又、市内では無料の阿波踊り教室も開催されますよ。

全部で4回。どれも予約不要で直接参加できます

  • 6月21日(木) 19時~20時 (受付 18:30~)大和市文化創造拠点シリウス3階 マルチスペース
  • 6月27日(水) 19時~20時 (受付 18:30~)渋谷学習センター (IKOZA 2F 多目的ホール)
  • 7月4日(水) 19時~20時 (受付 18:30~)大和市文化創造拠点シリウス3階 マルチスペース
  • 7月10日(火) 19時~20時 (受付 18:30~)つきみ野自治会館
スポンサーリンク

まとめ

夕方から夜にかけて開催される阿波踊りですが、年々人出も多くなっています。

夜でも熱気でとても暑いので、水分の補給もしっかりして阿波踊りを楽しみましょう。